· 

意外と知られていない大切な「も」

ほとんど会ったことがなく、

家族でもないトレーナーの指示は聞けるけど、

 

 

 

 

 

ずっと一緒に暮らしている

飼い主さんの指示は聞けなかったりすると、

時々、飼い主さんがこなんことを言います。

 

 

 

「私のこと下に見ているんですよね?」

 

 

 

愛犬が自分のことを下に見ている、

見ていない、は

あまり気にしなくて大丈夫ですよ!

 

 

 

 

 

 

下に見ているというよりかは、

愛犬にきちんと意思が伝わっていないから、

犬たちは行動に移せない

というところもあるのかもしれません。

(もちろん、原因はこれだけではないですが)

 

 

 

 

 

例えば、室内吠えで悩んでいる場合、

トレーナーは、いつも真剣ですから、

今日は吠えさせないぞ!

という気持ちで常に

そのコと向き合います。

 

 

 

 

 

 

 

実際、ご家族に実践していただくと、

それじゃあ、気持ちが伝わってないです

と思うことがあったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

愛犬がその行動をとりたい

と思えるように仕向けること

やタイミングも大切ですが、

 

 

 

 

 

 

ご家族にとって望ましくない行動と

向き合うために大切なのは、

まずは

力強く働きかける精神力。

気迫ともいいますが、

本気度です。

 

 

 

 

 

 

 

 

強い精神力をもって

向き合うのがいいと言っても、

犬を驚かして

どうこうするということではなく、

 

 

 

 

 

 

厳しくするという意味でもなく、

こうして欲しい!という

心底からの気持ちをもって

向き合うということだと思っています。

 

 

 

 

犬たちは、人を見て

態度を変えてくるので

 

 

 

 

 

 

 

 

うわべだけの気持ちでは、

見破られてしまいます。

犬たちはそこの部分を見ているので、

本気度が伝わらないと

うまくいかないこともあるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

トレーニングがうまくいくコツは

しつけ以前の問題もあって、

 

 

絶対にあきらめない!

愛犬を信じる心、

絶対に..させないんだ!

という

心構えみたいなものも

大切だったりします。

 

 

 

 

少しでもあきらめている気持ちがあると、

その気持ちが犬にも伝わり

うまくいかないこともあるかもしれません。

 

 

 

 

どうせ無理だから..

ではなく、できるのです!!!

愛犬を信じること!

ぜひ「心構え」から

意識してみてください♡

 

 

 

 

 

とはいえ、

2,3カ月のパピーは、

また少々話は違ってくるのですが^^

 

 

 

 

 

 

 

今日の内容は

少々奥が深いので、

まだまだ書き切れませんが、

そんなこともあるんです

という一部のおはなし。。

 

 

 

しつけ以前の問題、

人側の本気度

心構え

大切だというおはなしでした!