愛犬のリードをダブルリードにした訳

犬の保護シェルター「わんずぺ〜す」での出来事…

沖縄からわんずぺ〜すにやって来たわんこ、北海道在住の里親さんが北海道ニセコ駅に到着した直後にエースは逃げ出してしまいました。
逃げてすぐは目撃情報はあったものの、
それから1ヶ月全く目撃情報がなく、私もわんずぺ〜す代表さんも「もう見つからないかも」と。見つかるよう祈るばかり…
数週間前にニセコ駅前から30キロ離れた場所で再びエースの目撃情報があり
本日無事にエース捕獲に成功したとの事!
エース、東京に戻って来ました!
そんな出来事がありました。
なぜ逃げ出してしまったか?
どうやら里親希望していた人の不注意でバリケンから出すときに逃げてしまったようです。
犬が逃げるときは一瞬のできごとです。恐怖で怯えている犬の場合はなおさらです。
知らない土地と環境に怯えエースは逃げ出してしまったのでしょう。
普段私たちも愛犬にリードやハーネスをつけて散歩に行きます。
そこで、飼い主さんにリードについて色々と質問をしてみると、リード・ハーネスにまつわる怖い話を度々聞くようになりました。
愛犬と散歩中、横断歩道のど真ん中で愛犬が体をブルブルっとさせたときに、リードの金具が突然弾けて、外れてしまった、ハーネスをしていた子が自分でうまいことハーネスと体のちょっとした隙間から体をすり抜けハーネスを残しそのまま歩いて行ってしまった話など、散歩中にリードが外れてしまった、ハーネスが抜けてしまったという飼い主さんが結構いるのです。
リードは消耗品ですので、こまめにチェックをしていたとしても、金具等の劣化で突然弾けることなど予測不可能で難しいと思いました。
よく見かけるのが、お子さんが愛犬とお散歩している微笑ましい姿。リードが突然外れたときに瞬時に対応できればいいのですが、お子さんでは難しいこともあります。
日本は狭い道路が多く、いつ車が近くを通ってもおかしくない環境ですから、十分注意が必要です。
最近は金具が弾けないフック付きというのも売り場で見かけるようになりました。私も試しに購入してみましたが、これなら弾けないだろうと思えた商品でした。
それでも念には念を。お子さんが愛犬と散歩に行くときは特にダブルリードをおすすめします。
そんな飼い主さんのリード情報を聞いて以来、わが家もダブルリードで散歩に行っています。
2本リードは絡まったりしませんか?と聞かれますが、2本目は体重に見合っていなくても、少し細めのリードを使います。
一本目と一緒に結ぶことで絡まりを防ぐことができます。これはある飼い主さんから教えてもらいました。
愛犬の安全確保のためにご参考になれば幸いです。
エースおかえり‼︎
見つかって本当に良かった。
2ヶ月もの間良く生きていたね。
本当に嬉しい出来事です。