Helfen 3iのドッグトレーニング わんこのハッピーライフのために取り組んでいる3つのこと

 

愛犬のことで悩みを抱えている方も特に今は何もないけど将来困った行動を未然に防ぐために今からできることをしておきたいという方にも…共通して取り組んでいることは…

①しつけと愛情のバランス

しつけと愛情の順番が逆になっていませんか?

犬を家族に迎えたら最低限のルールを教える必要があると考えています。しつけをしないで愛情ばかり注いでいると後々困る時が来る確率が高くなります。これは犬の性格によって愛情の掛け方も様々ですが…。レッスンではトレーニングを通して、犬の性格、習性、症状を見てそれぞれの個性に合った方法でしつけと愛情のバランスをご指導いたします。

 

 

 

②頼れる飼い主になる

頼れる飼い主になる必要があるのか?

犬達を見ていると頼れる存在でいたいと感じています。

犬に安心できる存在だと思ってもらえると、犬の行動や表情が変わってきます。

そういう環境の中で暮らしている犬は行動も表情も穏やかなのです。頼れる飼い主の下で暮らしていけるとストレスも軽減できるはずです。

レッスンでは犬との信頼関係の築き方をご指導いたします。わんこと絆を深めて安心できる頼れる存在を目指します。

 

 

 

③安心できる環境を提供

そして何よりも犬達には人間社会で完全に犬らしくまでは無理かもしれませんが、犬の習性を取り入れながら安心できる居心地の良い環境で暮らしてほしいというのが私の願いです。

安心できる環境というのはおうちの環境、生活スペース、それから飼い主さん自身が頼れる存在になることも含みます。

 

狭くて暗いところを好む犬ですので、心地の良い安心できる場所を提供するために、クレートトレーニングをおすすめしています。犬を飼うとまずはじめにケージを購入する方が多いのですが、まずはクレート(固い素材の物)を用意してあげたいと思っています。

 

犬を飼うということはクレートとケージが置けるある程度の広い生活スペースが必要です。※クレート(犬が座った時に天井に頭が触らない、クレートの中で方向転換時ができるサイズ)

クレートトレーニングが来出るようになると、様々なシーンで万能に対応ができます。

 

レッスンでは犬のやる気を引き出し犬にわかりやすい学習方法でクレートトレーニングを行っていきます。初めは中に入るまでに時間がかかることもありますが、最終的に犬自身自らクレートの中に入れるように取り組んでいきます。いつの間にか、あれいないわ?どこ行ったの?と思ったらクレートの中で眠っているなんてことがあります。

 

クレートトレーニングも子犬の早い時期に行うことをおすすめします。

トレーニングに共通することは、飼い主さんのご協力が必要になります。成犬になってから何かに慣れさせることは大変なのです。飼い主さんのちょっとした努力が必要になります。

 

飼い主さんと愛犬のハッピーライフのために全力でサポートさせていただきます。

どうぞお気軽にお問合せください。