犬に「オスワリ」をわかりやすく教えるコツ~自然な行動を引出す方法

オスワリを理解しているようでしていない?なんてことありませんか?

 

「オスワリと言うと、フセしちゃうんです」と飼い主さん。

 

愛犬にオスワリと指示を出して「フセ」をしてしまう場合が多いと感じ、オスワリを犬にわかりやすく教える方法をまとめてみました。

 

お話しを伺ってみると、みなさんあることが共通していました。

 

それはいきなり言葉だけでオスワリを教え、オスワリができたときにほめていないのですね。

ほめてはいるけど、それがきちんと犬に伝わってないということもあります。

 

 

オスワリを教えるときはハンドシグナル

 

犬にオスワリを教えるときはいきなり「オスワリ」と言葉で指示するのではなく、まずはハンドシグナル(手を使って指示をだすこと)を使って教えていきます。そして望む行動をした瞬間に褒める!です。この、その瞬間にほめるということが意外にできていない飼い主さんが多いのですね。

 

犬は言葉を理解している訳ではないので、言葉だけの指示は犬にとって少々難しいのですね。

 

 

おやつを親指と人差し指でつまむイメージで犬の鼻から耳の間に向かって手を動かします。(実際におやつを使ってもokayです)

 

そうすることで犬が指(おやつ持った手)を目で追い目線が上に上がり、おしりがストーンと落ちます。

そのオスワリした瞬間にほめてあげます

 

望んだ行動をした瞬間にほめることがとても大切です。そうすることで、飼い主さんの望んでいる行動は何なのか犬が理解しやすいという訳ですね。

 

犬のしつけの基本である「オスワリ」は様々な場面で万能に使えますますので、上記の方法で定着させることをお勧めいたします。

この方法で教えるとすぐに覚えてくれますよ♪