オスワリを理解しているようでしていない?なんてことありませんか?

 

オスワリと指示を出しているのにフセをしてしまうことが多いと感じています。

 

お話しを伺ってみると、みなさんあることが共通していました。

 

それはいきなり言葉だけでオスワリを教え、オスワリができたときにほめていないのです。オスワリと指示を出しているのにフセをして、その行動を修正せずにそれを良しとしてしまっている。

何をしたらいいのかきちんと犬に伝わっていないのです。犬的にはこれ?こっち?といったように犬の中でオスワリとフセが混同してしまっています。

オスワリと指示を出し、フセをしてしまったら必ずオスワリをするように教え(行動修正)、オスワリをした瞬間に褒めます。

 

 

オスワリを教えるときはハンドシグナル

 

犬にオスワリを教えるときはいきなり「オスワリ」と言葉で指示するのではなく、まずはハンドシグナル(手を使って指示をだすこと)を使って教えると犬もわかりやすく早く定着していきます。そして望む行動をした瞬間に褒める!です。この、その瞬間にほめるということが意外にできていない飼い主さんが多いのですね。

 

犬は言葉を理解している訳ではないので、最初言葉だけの指示は犬にとって少々難しいのです。

 

 

おやつを親指と人差し指でつまむイメージで犬の鼻から耳の間に向かって手を動かします。(実際におやつを使ってもokayです)

 

そうすることで犬が指(おやつ持った手)を目で追い目線が上に上がり、おしりがストーンと落ちます。

このおしりがストーンと落ちオスワリをした瞬間にほめてあげます

 

望んだ行動をした瞬間にほめることがとても大切です。そうすることで、飼い主さんが望んでいる行動は何なのか犬が理解しやすくなります。

 

犬のしつけの基本である「オスワリ」は様々な場面で万能に使えますますので、上記の方法で定着させることをお勧めいたします。

この方法で教えるとすぐに覚えてくれます。